人はみんな繋がっている
人はみんな繋がっている。 見えない糸で繋がっている。 音楽は、それを僕らに思いださせてくれる。 僕の波動が君に伝わり、君の波動が僕に返って来る。 だから僕は・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝しよう!
いつも頑張ってくれている、僕らの60兆個の細胞、一つひとつに感謝しよう!

ふだん、当たり前のように歩き、暮らしているときには、まったく忘れてしまっているけど、細胞の一つひとつが元気に頑張り続けてくれているからこそ、何も考えずに生活ができている。
いや、それどころか、とるにたらない悩みを持つことができるのも、細胞たちの活躍のおかげだ。

だから、たまには、鏡の前で、自分自身を抱きしめて、「いつも、ありがとう!」と言って、自分自身に感謝し、癒してやろうよ。

ここに、もしかすると世界一、感謝するのが上手な女の子の話を紹介しよう。

その子の名前は雪絵ちゃん。ペンネームは「すのう

雪絵ちゃんは、MS(多発性硬化症)という病気を患っている。
MSとは、高熱が出るとそのあと目が見えなくなったり、手足が動かなくなったりする病気。
二ヶ月ほどリハビリをすると元のように動かせるようになるのだけど、それでも完全には回復してくれない。
そして、発熱を繰り返すたびに、杖が必要になったり、小さな字が見えにくくなったりしていく。
未だ、有効な治療法が確立されていない難病だ。

雪絵ちゃんは、この病気にかかったことを恨むどころか、この病気を患ったことに感謝すらしている。
MSにならなければ、知り合えなかった素晴らしい人たち、体験できなかったことがたくさんあったから・・・。

そんな雪絵ちゃんが、こんな詩を書いている。


『ありがとう』

「私、決めていることがあるの。

この目が物を映さなくなったら目に、
そして、この足が動かなくなったら足に、

「ありがとう」って言おうと決めてるの。

今まで見にくい目が一生懸命「見よう、見よう」としてくれて私を喜ばせてくれたんだもん。
いっぱい素敵な物、いろんな物見せてくれた。
夜の道も暗いのに頑張ってくれた。

足もそう。
私のために信じられないほど歩いてくれた。
一緒にいろんな所へ行った。
私を一日でも喜ばせようとした目も足も頑張ってくれた。」

天外伺朗の『「悩み」生き方のサイエンス』より抜粋)


『誕生日』

私、今日生まれたの。
一分一秒のくるいもなく、今日誕生しました。

少しでもずれていたら、今頃健康だったかもしれない。

今の人生を送るには、一分一秒のくるいもなく生まれてこなければいけなかったの。

結構これって難しいんだよ。

十二月二十八日、私の大好きで、大切で、しあわせな日。
今日生まれてきて大成功!
「すのう」に生まれてきて、これもまた大成功!

山元加津子の『本当のことだから “いつかのいい日のため”の宇宙の秘密』より抜粋)


『誕生日』という、雪絵ちゃんの詩を著書で紹介してくれている山元加津子さんは、雪絵ちゃんが通っていた養護学校の先生でもあります。
そんな山元さんがこの詩について、こんなコメントをされています。

「すのう」は雪絵ちゃんのペンネームです。「すのう」に生まれてきて、大成功、雪絵に生まれてきて本当によかった、一分一秒もくるわずに、この雪絵に生まれてきたからこそ、素敵な友だちに出会い、素晴らしい「雪絵の冒険物語」を歩んでいるよと雪絵ちゃんはきっと言いたかったのでしょう。
(山元加津子の『本当のことだから “いつかのいい日のため”の宇宙の秘密』より抜粋)


雪の季節に生を受け、そしてまた雪の季節、
2003年12月26日に雪絵ちゃんは雪とともに去って行った・・・。

僕らの胸に、温かいものを残して・・・。

人は皆、生まれてきたというただそれだけで意味がある。
たとえそれが、どんな形であったとしても・・・。

そしてその意味を決めるのは、あなた自身。

いや、もしかすると、生まれる前に、その意味を決め、同意した上でこの世に生れ落ちたのかも知れない。
ただ、そのことを忘れているだけで・・・。

スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

初めまして。りょうちゃんのところから飛んできました、ともちんと申します。
「すのう」さんこと雪絵ちゃんの名前をみて、思わず書き込みしたくなりました。
彼女の著書「お日様気分」はいつも私を元気づけてくれます。
今も残る彼女のHPを見るたびに、人の命には全部意味があるんだなぁと感じます・・・。
【2006/06/21 09:15】 URL | ともちん #- [ 編集]

ともちん、コメントありがとう!
でもね、多分、初めましてじゃないですよぉ!

僕の認識が間違ってなければ、アイリッシュカフェで何度かお話させてもらってるかと・・・。

『お日様気分』はまだ読んだことないけど、良い本みたいですね。
雪絵ちゃん、この世を去って尚、このインパクト・・・すっごく意味ありますよね。

人生何が起こるかわからない。
だけど、生まれたからには、遅かれ早かれ、いつか去るときが来る。

いずれ去ることが決まっているのなら・・・

「すのう」のように、次の世代に何か良いものを残せたらいいね。
【2006/06/21 12:34】 URL | ドリームクリエイター #0iyVDi8M [ 編集]


はじめまして。
雪絵ちゃんの懸命さに涙が出そうになりました。
降り積もった雪も春になると解けてなくなります。
でも、すのうちゃんが心に残してくれた「思い」は
決してなくなりませんね。 ありがとう。
【2006/06/22 00:57】 URL | みみえ #- [ 編集]

みみえさん、コメントありがとう!
もしかすると、毎年、雪の降る寒い季節、春を待ちきれずに押しつぶされそうになってしまったすべての人たちに、「生きるって楽しいよ!」、「友だちって素敵だよ!」って、思い起こさせてくれるように、雪絵という名前で生れ落ちたのかもしれないですね。

それぞれの人に、「すのう」が残してくれたメッセージは違うものなのかもしれないけれど、みんな、ちょっと足を止めて、「すのう」が残してくれたメッセージに気づいてくれたらいいのにな・・・。
【2006/06/22 10:44】 URL | ドリームクリエイター #0iyVDi8M [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sconnect.blog69.fc2.com/tb.php/4-581aec13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドリームクリエイター

Author:ドリームクリエイター
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。