人はみんな繋がっている
人はみんな繋がっている。 見えない糸で繋がっている。 音楽は、それを僕らに思いださせてくれる。 僕の波動が君に伝わり、君の波動が僕に返って来る。 だから僕は・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過ぎ去った日に
木枯らしのなか、銀杏の散らばった深夜の御堂筋をミナミへと自転車を漕いでいた。

ただ、何処へ向うでもなく
歩道にまき散らされた銀杏の実をぶちぶちと踏みつぶしながら

イヤフォーンからは、想い出の曲が、流れ続けている。

ただ、わけもなく寂しくて、力一杯漕ぎ出した


大きな空白が僕の頭を追い越していったとき、ふと立ち止まって、考えた。

毎年過ぎ去ってゆく夏の日に、何かとっても大事なものを置き忘れ続けてるんじゃないんだろうか・・・?

幼い頃の想い出とともに・・・

「ま、えっかぁ!」

心の中で、いつのも口癖がこだまのように幾度か響いたのを聞き終えたとき、幼い頃の夏の日々が、映画のワンシーンとなって幾つも蘇ってきた。

そこには、確かに何かがあった、今とは違う何かが・・・。


スポンサーサイト

テーマ:LOVE & PEACE(愛と平和) - ジャンル:ライフ

理数系人間の葛藤
僕は、どちらかというと理数系人間.

理数系人間は、どんな些細な事でも真か偽かの答えを出さないと気がすまない
白なのか、黒なのかハッキリさせなにと気がすまないのだ.
この頭、物事をロジカルに分析しなきゃならないときには便利なんだけど・・・
どこかで、考えるのを中断して、白でも黒でもないグレーな答えを創り出さないと
、永遠に考え続けることになる。

真実の答えなんてどこにもないのだから・・・

物事の答えは、常に真か偽のどちらかしかないなんて限らない
いや、むしろそうでない場合の方が多い。
実際の話、物事に真も偽もない、そんな二つの値で答えが出せるほど単純なことなどこの世に存在はしないのだから・・・

理数系でおバカな僕は信じていた、答えは必ずあるはずだと・・・

だけど、信じ続けることは、ワルいことぢじゃない。
なぜかって?
どういうわけか、心底信じ続けて生きていれば、どこの誰だか知らないけれど、白でも黒でもない求める答えをそこに創り出してくれるのだから。

そして、僕は得た、白でもない黒でもないひとつの答えを

現実とは、そういう空想の世界なんだ・・・


テーマ:LOVE & PEACE(愛と平和) - ジャンル:ライフ

何も見えないけれど・・・
親父に苦しめられた僕.
母さんに苦しめられた僕.
姉ちゃんに苦しめられた僕.
恋人に苦しめられた僕.
友達に苦しめられた僕

親父を苦しめた僕.
母さんを苦しめた僕.
姉ちゃんを苦しめた僕.
恋人を苦しめた僕.
友達を苦しめた僕.

すべてのことに意味がある.

すべてのあなたたちが大好きなのに・・・
すべてを未だに許せずにいる僕が居る.

何にも見えないけれど・・・

誰かに対する気持ちがいっぱいある。
誰かの気持ちがいっぱいある.

いろんな気持ちが、抱えきれないくらい、いっぱいある。

だけど、それが何なのか未だにわからない僕が居る.

ひとは、それを愛と呼ぶんだろうか・・・?

僕には、何も見えないけれど・・・


テーマ:LOVE & PEACE(愛と平和) - ジャンル:ライフ

ひとりごと・・・
愛って何だろう?

受けるもの?
与えるもの?
奪うもの?

いずれにせよ、誰かを愛せたら幸せかもしれないし
誰かに愛されるなら、憎まれるよりずーっと気分が良い。

今もし、考えるだけでも憎悪と嫌悪に包まれるような奴が目の前にいたとして、すべてを許して、精一杯の愛でそいつを抱きしめる事ができたなら、世界はきっと変わるかも知れない。

すべては心の中でおこっている化学変化、そこには善も悪もない。そんな事人間が勝手に決めた事さ。

愛は執着?

もしかしたら、そうかも知れない。
だけど、もしもそれが真実だったとしても、それを認めてしまうなら、僕は、僕が人間である意味を見失ってしまう。

それに、もし僕が愛というものに全く関心を示さなくなったとしても、あいかわらず、僕が大きな愛に包まれている事に変わりはない。

あなたが、いつも大きな愛で包まれているように。。。。


テーマ:LOVE & PEACE(愛と平和) - ジャンル:ライフ

恐れるものなど、何も無い!
何のために産まれてきたんだろう・・・。
どうして自分だけがこんな目に遭うんだろう・・・。


夜、布団にもぐりこんで、眠る前に、「嗚呼、明日の朝、もう、このまま目覚めなければ良いのに・・・」なんて考えていた時期があった。

ただ、それでも、自分で命を絶つことだけは、なんとなく馬鹿げた気がして、自殺なんてしようとも思わなかった。

今になって、よくよく考えると、そんなことしたとしても、きっと無駄な努力に終わったんだろうなって思う。

だって、自殺を計ったところで、100%死ねるとは限らないじゃないか。

こんな実話があるらしい。

“ある男が、自殺を試みて、屋上から飛び降りた。
男は、そこへ偶然、通りかかった人の上に落下した。
男は助かり、通りかかった人は亡くなった。“


これって、本当に偶然なんだろうか?

僕は、そうは思わない。

人はみんな、何か得体の知れない大きな力によって、生かされている。

そしてそれを、人は、運命とか、宿命とかいう。

運命とは、自分で選択し、変えられるもの・・・。
だが、宿命は変えられない。
いや、変えられないというより、避けられないというべきだろう。
宿命は、個々に与えられた、乗り越えなければならない壁、・・・避けて回り道をしようとしても、乗り越えてない壁は、何度でも目の前に現れる。

僕らは、その壁を、自分自身の力で乗り越えることを体験するために、生まれてきたんだから・・・。

そして、それは、もしかすると、自分自身が産まれる前に、それを体験しようと自分で決めたのかも知れない。

あなたは、苦しい、もう死にたいと考えたことがあるだろうか?

自殺を計ったところで、100%死ねるとは限らない。
生きようとしても、生き続けられるわけでもない

そう、生き続けたくても、寿命がくれば、命は尽きる。

言い換えれば、この世で体験すべきことを体験しつくしてしまえば、逝くときがくる。

だったら、『恐れるものなど、何も無い!』

今、この瞬間に、本当にやりたいことをやろう!

過去でも未来でもない、今、この瞬間に・・・。

僕らが、生きていることを感じていられるのは、今、この瞬間しかないのだから。


テーマ:LOVE & PEACE(愛と平和) - ジャンル:ライフ



プロフィール

ドリームクリエイター

Author:ドリームクリエイター
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。